ネットで誰もが情報を受け取るだけでなく発信することが出来るようになった現代では、いつどのような形で誹謗中傷を書き込まれるかわかりません。たかが噂と軽視してしまうと、やがて尾ひれがついて事態が悪化してしまう可能性もあります。また、根も葉もない出鱈目だったとしても、いつまでも情報が残ってしまうと、それが事実であるかのように周囲の人に受け止められることだってあります。その結果、仕事や家庭に深刻な被害を及ぼすこともありえるので、迅速に対処することが必要です。とはいえ、誹謗中傷に対して、どのように対応すればよいのか迷うところです。直接殴られたり、物を盗まれたりするのとは違い、誹謗中傷でどの程度の被害が出ているのか目に見えてわからないので、法的措置をとれるのかということがわかりにくいからです。とりあえず、被害にあったということが確実であるならば、誰かに相談をすることから始めることです。

警察は誹謗中傷対策をしてくれるのか

最近では、警察もネット上のトラブルが深刻であることを理解しており、各都道府県警にはサイバー犯罪相談窓口が設けられています。専用の電話番号があるので、各都道府県警のホームページにアクセスして調べましょう。むろん、サイバー犯罪相談窓口ではなく、普通の警察署に誹謗中傷対策の相談もできます。その際、どのような被害にあっているのかを明示するためにも、書き込まれたサイトのスクリーンショットやメールの内容などを印刷して、まとめて資料として準備しておきましょう。警察はその内容を見て、それが名誉棄損や業務妨害などに当たると判断すれば、操作を行ってくれます。ネット上の書き込みはたいていの場合は匿名で行われますが、警察が介入することで書き込みをした個人を特定することが出来ます。

対策業者に誹謗中傷対策を依頼する

誹謗中傷で警察に相談しても、あまり動いてくれないというときには、自営をするしかありません。しかし、いつどのような形で誹謗中傷が書き込まれるかわかりませんから、個人の力で出来る誹謗中傷対策には限界があります。そこで役立つの対策業者です。どのような誹謗中傷対策をしてくれるのかというと、多くの業者で行うのは書き込みの削除、そして逆SEOです。書き込みの削除は誹謗中傷を書き込まれた掲示板やブログを見つけたら、そのサービスの管理人に書き込みの削除を働きかけます。ただしここで注意するべきは削除依頼代行で報酬をもらうのは弁護士以外は出来ないことです。ですから誹謗中傷対策で書き込み削除をするという業者に依頼するのは、軽々しくやらないほうが良いです。そして逆SEOですが、SEOは検索サイトでキーワードを入力したときに、検索結果の上位に表示されるよう工夫をすることです。その逆ということで検索サイトで、誹謗中傷が表示されないようにするのです。難しい作業なので技術を持った業者を探すことが必要です。