インターネットが当たり前のようにある現代では、残念なことに誹謗中傷がしやすい環境にもなってしまっています。匿名で様々な言葉を発信できることは非常に便利ではありますが、その分いくらでも悪い方向に使うこともできるわけです。それに伴い最近では企業などの団体だけではなく、個人への誹謗中傷も当然のように存在します。何気なく投稿したブログやコメントから火が点くことも珍しくはないので、十分に注意をしなければなりません。それでももし誹謗中傷の被害に遭うようであれば、明確な対策を毅然と取るようにしましょう。ここからはその具体的な誹謗中傷対策について触れていきます。自分でできることから第三者に介入してもらうことまで色々とありますので、いざというときの備えとして覚えておいてください。

どういった内容を誹謗中傷と捉えどう動くべきか

誹謗中傷対策を取る前に、まずどういったことをされるとそれに当たるのか把握しておきましょう。一般的な感覚では、何か嫌なことを言われると誹謗中傷になる認識を持ちがちです。ところが現実にはそれに加え、根拠のないでたらめな内容でなければなりません。その上で、最初に誹謗中傷をしてくる相手の動機を探りましょう。発言の主が何故このような行動に出たのか解明できなければ、根本的な解決にはならないのです。企業であれば会社としての体質や業務内容、個人であればSNSへの書き込みや他での怨恨など、見つめ直してみることが第一の誹謗中傷対策となります。いよいよ悪質かつ身の危険や不利益が発生する段階まで来れば、本格的に動いていきましょう。自分は気にしないからと思っていても、インターネットの拡散速度は侮れません。たとえ事実でなくとも影響力の大きなネガティブキャンペーンになりかねませんので、見過ごすことのないよう力を入れてください。

速やかな削除と再発防止策の考案が大切

誹謗中傷の主な温床は、SNSや掲示板です。人が集まるところほど拡散力も強まりますから、書き込む側の人間も当然それを求めます。ところがこれらのツールでは、書かれた被害者は管理人や運営者に削除依頼をすることが可能です。多くの掲示板では誹謗中傷行為を強く禁じているため、否応なしに削除に応じてくれる可能性は高いです。運営側もトラブルは嫌いますから、火種になる内容を快くは思わないでしょう。被害者側の主張を尊重してくれる場合がほとんどですので、誹謗中傷対策に削除依頼を利用していってください。いたちごっこを避けるためには、再発防止策が必須です。それを考案する際には、専門のアドバイザーに話を聞いてもらいましょう。誹謗中傷対策を専門に扱う業者は、ここ数年で急激に増加しています。正しい対応を取り入れることで再発防止にも役立ちますので、積極的に相談した方が賢明です。その場しのぎの対策ではなく、長期的な対策を取れるよう心掛けていきましょう。

被害を被っていないか定期的に監視する風評監視サービスがございます。 問題解決のためのアドバイス、コンサルティングを行うシエンプレ。 シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。 最近では、金融機関の融資でもネット上の書き込みをチェックし、判断材料に加えると言われています。 誹謗中傷対策はシエンプレにお任せください!